1979卒塾

63歳 加茂 郁一さん

花の東京

ぼくちん63才。娘の小夏9才、しじみ2才。 週末はこんな感じ

親元や住み慣れた町を離れてからこそ分かる「何か」

大学は花の東京へ行こうと、部活の先輩もそうだったし、高1の時からそう決めていました。親元や住み慣れた町を離れてからこそ分かる「何か」を求めていたと思います。そして当然ひとり暮らし。3畳ひと間でいいから、4年間はビンボーの極致を体験したいと思っていました。

しかし、冷やかし半分で参加した久敬社の説明会で気持ちは一転しました。先輩達の話を聞き、いろんな写真を見せてもらううちに、たちまち寮での共同生活に憧れを持つようになりました。

いろんな人がいて、24時間いろんな話ができて、ぐっと世界が広がりました

そして、めでたく入塾。学校もそうですが、久敬社の中にはいろんな人がいて、24時間いろんな話ができて、ぐっと世界が広がりました。中にいても外に出てもすべてがまぶしく感じられました。親からの仕送りは1万円。後は家庭教師のアルバイト代と奨学金。旅の費用は、建設現場の日雇労働とTVのエキストラでせっせと稼ぎました。おかげで超ビンボーを味わい楽しむはずが、結構ぬくぬくとした学生時代でした。お金の面だけでなく、集団の中で暮らせたということが。

だからあの4年間は、想い出せば胸が熱くなる、私の一生の宝物です。

一覧へ戻る